食欲がないときは無理に食べない方がいい

食欲がないときは無理して食べないで胃をちょっと休めた方がそのうち食べられるようになります。
食べないと身体に悪いと昔の人たちは言いますが、食べない方がいいときだってありますね・・・。
空腹感が感じられないときは身体が食べ物をまったく受け付けないときです。
そういうときに「おかゆくらいならなんとか・・・」なんてわざわざおかゆを作って食べることはないと思いますよ。

そういうときに無理矢理お腹に入れたって胃と腸は食べ物をうまく消化しませんし、腸が栄養を吸い取りません。
腸が栄養をちゃんと吸収してくれるのは健康な状態の時だけです。
不健康なときにたくさん食べたって下痢をするでしょう?

下痢になったということは腸が正常に働いていないということなんです。
食べ物をムダにしないためにも食欲がないときは睡眠を取るなどして時間を使うことをオススメします。
睡眠を取っているうちに身体は回復してきますし、そうしたら食欲が出るのだから・・・。詳細はこちらのページ