良いですね、津軽民謡って

僕が一番最初に覚えた津軽三味線は、津軽甚句でした。
これは簡単だと正直思いました。
今でもギターで弾いたりしています。
手元に三味線がないのですけれどね。
ヤフオクで手放して、楽器製作者の人からバッシングを受けたりしましたが、やっぱりニートは礼儀を知らないと反省した次第です。

津軽甚句は簡単だけど、曲としては凄く良いものがあると思います。
素朴で簡単で、でも三味線一本で曲になるというのが、一番民謡のよい部分だと僕は思いますね。

一回、三味線なり、持たれてみたら、弾いてみたらどうでしょうか。
「自分はこれしか聞かない」という風な人であっても、やっている内に面白さに気が付くのが、アートごとの良さでもあります。
三味線なんか弾かないと思う人であっても、良さが分かってくると、良いなと思うものなんですよ。

今、りんご節も聞いています。
これも良いですよね。
思い出深い曲です。
小山会の名取曲の一つになっているものですね。いいです。

http://xn--n9ja1kz06kc4d6zpgl3c395as5d541b.xyz/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です